--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.12.14 レッグウォーマー編みに挑戦中
スヌードに使ったチャコールグレーの毛糸で
レッグウォーマーをつくることにしました。
バスケット柄の模様にかなりてこずりましたが、
30段以上編み込んでようやくテンポよく編めるようになったところです。
1段90目なので1段編むのもたいへんですが
バスケットの編目が連続で交差するようになったのが嬉しくて
1段だけでもとせっせと編んでます。
でも片足だけで集中力が途切れそうな予感・・・・。


torieyes_knitting1214-2.jpg
もう何目編んだんだかわからなくなりました・・・。

torieyes_knitting1214-1.jpg
バスケット柄は難しいですが思った以上にかわいいかも。


スポンサーサイト
2015.12.10 夜空に白鳥
頭が痛くなるほどのあまりのきーんとした寒さに
職場からの帰り道の15分がやたらと長く感じた昨日。
今日はいくらかましでしたけど、それでも早歩きになりました。
家まであと30mくらいのところで
自分のバッグとダウンがこすれた音のようにも聞こえるけど
1年ぶりの懐かしい鳴き声がしたような気がして
ふいに立ち止まりました。
こんな真っ暗なななか聞こえるわけがないのですが
でも、ふと夜空を見上げたら、白く浮かび上がる6羽の白鳥団が
東のほうに向かって飛んでいくのが見えました。
やっぱり彼らの鳴き声だったのでした。
いよいよ冬本番なのだなと、彼らの飛来に思うことです。


torieyes_rainbow1127.jpg
本文とぜんぜん関係なく・・・
11月27日の朝方、雪帽子をかぶった吾妻小富士の手前に
虹が出ました。あわてて撮りましたが山が写ってなくて残念


2015.12.08 多肉植物たちのお引越し
12月に入りすっかり寒さが厳しくなったので
ベランダの多肉植物たちを室内に移動しました。
以前はベランダの棚も蜘蛛の巣を払いホコリや泥をきれいにふき取り
室内に入れて多肉植物たちを置いていたのですが
今年は無印良品のポリプロピレン組立式ワゴンに置くことにしました。
このワゴンは部屋の壁面収納のすきまにピッタリだったので購入しました。
アロマグッズやリモコン類などの収納に使っていましたが
それほど量はないのでそれらをどかして冬の間だけ
多肉植物たちのスペースにすることにしました。


torieyes_succulent1207-3.jpg
一番下には蚊取線香入れを仕舞ってます。

torieyes_succulent1207-2.jpg
室内だと視線が低くなるので、その眺めも新鮮です。

torieyes_succulent1207-1.jpg
背の高い子たちはローテーブルに置きました。


レースカーテン越しの日当たりの良い場所なので
気持ちよさそうに見えます。


2015.12.07 ハニカムスヌード
11月下旬から編み始めたハニカムマフラーは
結局平日にも夜なべをしてこつこつと編み進めたものの
ぐるっと首に巻いて十分余裕のある長さまで編み込むのは
かなりの労力だと、70cmまで編んで気がつきました。(おそっ)
それで急きょマフラーからスヌードに変更すべく
2目ゴム編みにして伏せ止めに。
ゴム編み部分にボタン穴をつくりボタンで留めるようにしました。
立体的なハニカムが空気を含むのか一重ですが暖かく
もたつかないし、スヌードにしてよかったです。


torieyes_sood1207.jpg
取っておいた直径2cmのボタンを縫い付けました。

2015.12.02 シンク下は投げ入れ収納
台所のシンク下の収納スペースには
100円ショップの収納グッズと、奮発して買った無印良品のステンレスのカゴを
組み合わせて、おもに保存用のタッパーや瓶・ステンレスのポット類をしまっています。
かたちや大きさがばらばらな保存容器は使用頻度の高いので
片付けるのも取り出すのもめんどうでストレスだったりします。
そこで保存容器は、無印のステンレスカゴに入る分だけの量と決め
乾いたらぽいと投げ入れる収納にしたところ、
同じサイズの容器をスタッキングする必要もないし
整頓する必要もないので、気分的に楽なんですね。
ちょっとしたこの「抜け」があるだけで
台所の整理整頓が楽しくなりました。


torieyes_shuno1201-1.jpg
ステンレスカゴの上には何も置いていないこともストレスにならないのです。

torieyes_shuno1201-2.jpg
左のデミタスカップには消臭用にコーヒーかすを入れてます。


もうひとつの「抜け」の投げ入れ収納はこちら↓。
お弁当箱です。
お弁当グッズも定型ではないので、ずーっと昔から愛用している
アイアン製の手つきカゴにしまっています。
メッシュなので半乾き状態でもそのまま乾いてしまうので便利です。


torieyes_shuno1201-3.jpg
お弁当箱はわっぱと丸型のプラスチック容器を使ってます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。